香川県立保健医療大学

保健医療学部 看護学科

保健医療学部 看護学科

入学定員70名

看護の本質に触れたとき、あなたは輝き始める。
生命の尊厳を基盤とした豊かな人間性をはぐくみ、社会の要請に応えられる専門的な知識・技術を習得し、保健・医療・福祉の連携と協働における看護の役割を理解し活躍できる、看護のスペシャリストとしての基礎的能力を有する人材を育成します。

学科長のことば

専攻科長のことば
看護学科長 片山 陽子







豊かな知性と人間性を携え、自ら学び続ける看護職の育成

人生100年時代を見据えた現代、人々がいかなる健康状態にあっても、一人ひとりが人として尊厳をもち、自分の思いと価値観を大切にした自分らしい人生を生ききることができるために、看護は重要な役割を担っており、看護専門職は、豊かな人間性と高い倫理観をもって科学的根拠に基づいた実践ができる能力が求められています。

保健医療の高度化、社会の複雑化が増している中で、看護の学びには、自己の役割を認識する社会性と自ら立てた問いを深く探究する力、そして主体的に行動する力を自ら創造することが必要であり、看護の対象である人々、共に学びあう仲間、そして自らの経験から真摯に学ぶ姿勢をもつことが大切です。

本学看護学科では、幅広い視野から物事を捉え、高い倫理観を伴う的確な判断ができる学生の育成を目指したカリキュラムを構築し、確かな知識の蓄積と、その知識を関連づけ俯瞰し活用・実践するための思考力・判断力・表現力を高める教育を行っています。学生の学修意欲の向上と多様な学びを保証するために、主体的な学修を進めるグループワークや学年を越え相互に学び合う多学年での演習を含む協働学修、臨床判断能力を向上するための臨床実践者と連携した実践的な演習、そして香川県の地域特性を反映した地域実践型のアクティブラーニングも積極的に取り入れ、授業、演習、実習を連動しながら質の良い学びのサイクルを形成しています。

学生一人ひとりが豊かな知性と人間性をもった看護専門職として成長するとともに、一人の人間として自分らしい人生を構築する基盤を形成できるように、教員全員で支援いたします。本学看護学科で、自分らしい人生の第一歩を歩み始めてみましょう。

看護学科の特色

調和のとれた豊かな人間性を持つ人材を育成するために
人間理解に必要な教養教育科目として「哲学」「心理学」「倫理学」、専門基礎科目として「人体の構造と機能」「臨床心理学」「健康教育」などを設けています。
健康レベルや看護の場に応じた実践能力を身につけるために
1年次から「看護学原論」「基礎看護学実習」など専門科目を配置し、学年進行に伴い、対象の健康レベルや看護の場に応じた実践能力を身につけられるよう、体系的に臨地実習を配置しています。
医療の高度化・専門化に対応した科目を充実
「看護政策論」「看護トピックス」「災害看護論」「国際看護論」など医療の高度化や専門化に対応した科目を充実させています。

授業風景

PAGE TOP

PAGE TOP