香川県立保健医療大学

臨床検査学専攻

臨床検査学専攻

[ 博士前期課程 ]
臨床検査技師の役割と機能が拡大・多様化するなかで、高度先進医療への対応と新しい検査技術の開発、感染症や生活習慣病などの疾病予防と健康増進などに貢献できる高度専門職業人を養成します。
[ 博士後期課程 ]
新規かつ独創的な研究成果を発信し、知識基盤社会が求める21世紀の保健医療を先導する新しい研究領域を開発、確立し、より高度な専門的能力かつ広範な知識を有する教育者・研究者を育成します。

専攻長のことば

奥田 潤
臨床検査学専攻長 奥田 潤

国民の健康への関心は高まり、健康で長生きできる予防医学や医療が限りなく発展しています。

近年の医学研究の進歩は、安全で安定した医療技術の開発だけではなく、個人の病態に適した治療を行う個別化医療(テーラーメード医療ともいう)や、少子高齢化に伴う疾病構造の変化に対応した再生医療の方向を目指しています。
私達を取り巻く医療の状況は、制度的にも知識・技術面でも常に進歩を続けています。今後、半世紀にわたり医療を担っていく皆さん、これまで培ってきた知識や技術に加え、これからの新しい医療に柔軟に対応できる能力を身に付けるため、私達と共に学びませんか!社会人として働いている皆さん、職場で指導的な役割を担っていくための教育・研究プログラムをたくさん用意しております。高度専門職業人をめざし、ステップアップしてみませんか!

授業風景

PAGE TOP

PAGE TOP