香川県立保健医療大学

看護学専攻(修士課程)

看護学専攻(修士課程)

高度先進医療を担うことができる質の高い看護実践能力を持ち、地域の保健医療活動に貢献するとともに、看護実践、看護学教育、看護学研究の開拓ができる高度専門職業人を養成します。

専攻長のことば

高嶋 伸子
看護学専攻長 高嶋 伸子

少子高齢社会を迎えた今日、入院治療から外来、在宅医療へと継続看護や疾病の予防など看護職の役割は拡大し、チーム医療の要としてより一層の活躍が期待されています。

本学研究科看護学専攻では、看護学を基盤として保健・医療・福祉の幅広い学識に基づいた研究方法論や高度な実践方法を活用できる人材を育成しております。看護学専攻は社会人入学の方が多く、現場の課題を論理的に科学的に解明することを目的に入学されています。2年間、仕事をしながら研究方法論や高度な実践方法などを習得することは多くの困難を伴いますが、修士論文の完成により達成感を実感され、専門職業人としての今後に大きな力となっています。今、課題を抱えている看護職の皆さん、不安や疑問を希望に替える修士課程に挑戦してみませんか、お待ちしております。

授業風景

PAGE TOP

PAGE TOP