香川県立保健医療大学

看護学科のポリシー

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

  • 科学的思考力を発展させる基礎学力を有している人
  • 人間に関心があり、人との関わりに喜びを感じる人
  • 状況判断ができ主体的に行動できる人
  • 地域の看護実践の発展に貢献したい人

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

看護学科では、「教養教育科目」、「専門基礎科目」、「専門科目」の3つの柱で構成し、科学的思考力、創造性及び倫理観が看護実践能力に統合できるように科目配置する。
進級に関しては、各学年で定められた単位を修得する必要がある「進級制」を採用する。

  • 「教養教育科目」は、幅広い教養と豊かな人間性を養うことを目的として、人文科学、社会科学、自然科学、外国語、情報科学、教養ゼミナールに区分して、科目設定する。
    レポートと筆記試験によって総合的に評価する。
  • 「専門基礎科目」は、人間の健康と環境の理解を目的として、人体の構造と機能、疾病と治療に関する科目及び生活環境や社会保障制度に関する科目を設定する。
    レポートと筆記試験によって総合的に評価する。
  • 「専門科目」では、看護学の専門的知識・技能を基礎から応用に向かって段階的に修得できるように、「基礎看護学」、「成人看護学」、「老年看護学」、「母性看護学」、「小児看護学」、「精神看護学」、「在宅看護学」及び「地域看護学」に区分する。
    各看護学では、講義・演習・実習の教育形態で授業展開しグループワークを多く取り入れる。
    実習前の学内演習では、事例を対象にした看護計画立案や看護技術に取り組み、個人の知識・技能の修得に対して筆記試験と実技試験で評価する。
  • 看護学の「臨地実習」は、4年間で段階的に看護実践能力が発達するように配置する。
    1年次2年次には「基礎看護学」を履修し、3年次で対象を拡大して「成人看護学」、「老年看護学」、「母性看護学」及び「小児看護学」を履修する。
    4年次前期で場を拡大して、「精神看護学」、「在宅看護学」及び「地域看護学」の実習を履修し、後期の「総合実習」で、チーム医療に必要な総合的な看護実践能力の修得を目指すとともに、卒業前の課題を明確にする。
    臨地実習は、「人間関係形成能力」、「科学的思考と問題解決能力」、「看護技術の応用力」及び「倫理的な判断と行動力」の側面で、看護実践能力を評価する。
    実習終了後のレポートで実践経験を深く吟味し、評価表に基づいて実践パフォーマンスを客観的に評価して自己課題を明確にする。
  • 4年次には、応用看護学から関心ある科目を選択し、また「専門ゼミナール」での看護研究と併せて、主体的学習の最終課題に取り組む。
    看護研究を卒業論文として完成させ、研究能力を評価する。
    保健師教育課程は、選択した学生のみが3年次と4年次で「公衆衛生看護学」を履修し、実習と「専門ゼミナール」での看護研究を併せて保健師に必要な実践能力を評価する。

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

看護学科では、以下に示された能力を卒業までに修得することを重視して成績評価を行い、所定の単位を修得した学生に対して、卒業を認め、学士(看護学)の学位を授与する。

  • 一人ひとりの人間を総合的に理解し、人間関係を形成する基礎的能力を身に付けている。
  • 人の尊厳と権利を擁護し、倫理的判断に基づいて行動できる基礎的能力を身に付けている。
  • 看護実践に必要な根拠に基づく判断力と問題解決能力の基礎を身に付けている。
  • 看護の対象に関わる様々な人々と連携協働する基礎的能力を身に付けている。
  • 地域の看護の課題に関心を寄せ、新たな看護を創造する基礎的能力を身に付けている。
  • 看護の発展に貢献するための基礎的な研究能力を身に付けている。
  • 自己の能力開発に主体的・自律的に取り組む基礎的能力を身に付けている。

PAGE TOP

PAGE TOP