香川県立保健医療大学

保健医療学部 看護学科

保健医療学部 看護学科

入学定員70名

看護の本質に触れたとき、あなたは輝き始める。
生命の尊厳を基盤とした豊かな人間性をはぐくみ、社会の要請に応えられる専門的な知識・技術を習得し、保健・医療・福祉の連携と協働における看護の役割を理解し活躍できる、看護のスペシャリストとしての基礎的能力を有する人材を育成します。

学科長のことば

専攻科長のことば
看護学科長 平木 民子

人間の健康生活のサポートする看護学科は、最も人間の近くに存在する学問であり実践です。

看護とは、その人が常に尊厳をもって自分の意思を大切にし、自分らしい健康生活に向かって日々生きぬくことができるように支援する実践行為です。
看護専門職は、対象となる人の身体状態はもちろんのこと、その人の価値観や生活習慣や感じ方考え方をできる限り理解し、その人に合った支援方法を探究し、行動を起こし、その結果を客観的に評価します。このような科学的思考と創造性を駆使した実践経験を積み重ねることによって、人や社会に貢献できる自分を実感し、なおかつ自分自身の知性と感性が磨かれていくことが実感できます。そのような喜びとやりがいを感じる看護専門職になるための第一歩を本学で歩き始めてみましょう。

看護学科の特色

調和のとれた豊かな人間性を持つ人材を育成するために
人間理解に必要な教養教育科目として「哲学」「心理学」「倫理学」、専門基礎科目として「人体の構造と機能」「臨床心理学」「健康教育」などを設けています。
健康レベルや看護の場に応じた実践能力を身につけるために
1年次から「看護学言論」「基礎看護学実習」など専門科目を配置し、学年進行に伴い、対象の健康レベルや看護の場に応じた実践能力を身につけられるよう、体系的に臨地実習を配置しています。
医療の高度化・専門化に対応した科目を充実
「看護政策論」「看護トピックス」「災害看護論」「国際看護論」など医療の高度化や専門化に対応した科目を充実させています。

授業風景

PAGE TOP

PAGE TOP