香川県立保健医療大学

臨床検査学専攻

臨床検査学専攻

[ 博士前期課程 ]
臨床検査技師の役割と機能が拡大・多様化するなかで、高度先進医療への対応と新しい検査技術の開発、感染症や生活習慣病などの疾病予防と健康増進などに貢献できる高度専門職業人を養成します。
[ 博士後期課程 ]
新規かつ独創的な研究成果を発信し、知識基盤社会が求める21世紀の保健医療を先導する新しい研究領域を開発、確立し、より高度な専門的能力かつ広範な知識を有する教育者・研究者を育成します。

専攻長のことば

行正 信康
臨床検査学専攻長 行正 信康

臨床検査技師は、医師のタスク・シフト/シェアの担い手として信頼性の確保と能力向上が求められています。

医師の働き方改革が進められ、タスク・シフト/シェアの担い手として臨床検査技師が期待されています。その目的を果たすためには医療人としての信頼性の確保が不可欠です。信頼性を得るためにはより高度な専門能力の獲得が重要です。すなわち、保健医療の分野において、高度で専門的な学術理論、実践力、包括的な判断力と指導力が備わった高度専門職業人としての臨床検査技師の育成が求められます。高度な専門知識と新規かつ独創的な研究成果を発信する能力を持つ研究者・教育者の育成が、保健医療における臨床検査技師の信頼性確保につながります。その時、質の高い総合的医療を進める上で、臨床検査が果たす役割はさらに向上します。この目的において本学大学院臨床検査学専攻が設置されているのです。リサーチマインドを持つ臨床検査関係者の皆様の挑戦をお待ちしています。

授業風景

PAGE TOP

PAGE TOP