香川県立保健医療大学

佐藤 功Katashi Satoh

本学の理念に基づき、地域の人々、患者様方の生命や生活に対して、保健医療職者として使命を全うできる人材を育成していきたいと念願しています。
保健医療職者として重要なポイントがいくつかあります。その一つに科学的思考力と創造性を養うことがあります。自分自身が出会うことに、自分自身で考える、ということでしょう。他には、現在の医療ではチーム医療という言葉がキーワードの一つになっています。保健医療職者が一丸となり、かつ、自らもその中心の一人である、という自覚を持たなければなりません。その基礎には人とのコミュニケーション能力の開発も忘れてはなりません。
また国内だけではなく、国際的視野をも持つに努力しなければなりません。先進諸国や発展途上国で、自らを高める勉強や、自らの知識や技能を基にした支援の機会が増えてくるでしょう。
これらのことを生涯にわたり探求し続け、学び研究する姿勢を学んで欲しいと思います。

所属
職位 学長 教授
学位 医学博士
資格 放射線科専門医、気管支鏡指導医、呼吸器疾学会認定医、日本産業医、禁煙学会専門医
専門分野 胸部放射線診断学、気管支鏡診断学、肺気腫形態学
担当授業科目 医療概論,疾病と治療I,地域看護学III,国際保健論,保健医療福祉論
E-Mail satoh@chs.pref.kagawa.jp
経歴 1976年 弘前大学医学部卒
同 岡山大学医学部附属病院医院(放射線科)
1982年 香川医科大学医学部助手(放射線科)
1990年 同 講師 (放射線部)
1998年 同 助教授(同)
2003年 香川大学医学部助教授(同)
2006年 香川県立保健医療大学看護学科教授
2012年 同 、副学長
2014年 同 学長
現在に至る
研究課題 肺気腫の形態学
胸部単純X線、CTによる放射線診断学
気管支分岐様式と疾患との関連
呼吸器核医学
研究キーワード 肺気腫、肺癌、胸部X線、胸部CT、換気シンチグラフィ
主な研究・教育実績 > 研究開発支援総合ディレクトリ(ReaD)

PAGE TOP

PAGE TOP