香川県立保健医療大学

看護学専攻(修士課程)の教育目標

次のような高度専門職業人を養成します。

(1)看護実践経験と既存の理論を統合した看護実践能力の向上を目指し、より専門性、独創性を重視した新しい看護実践方法を開拓し、チーム医療の場でリーダーシップが発揮できる人材

(2)地域の特性や変化する社会の要請に応じて、地域の保健・医療・福祉のニーズに対応した健康増進と次世代育成支援活動を計画・実行し、人々の「健康と自立」の支援に貢献できるとともに、地域の保健医療施策に提言ができる人材

(3)医療技術の高度化、保健・医療・福祉施設の多様化、在宅療養者の増加等、看護を取り巻く環境が大きく変化するなかで、多様な施設や地域社会において看護を有機的に機能させ、看護の質を高めることができる高度な管理能力・指導力、総合的調整力を有した人材

(4)優れた看護専門職業人の養成、精神看護における高度な実践・調整・相談などを担う専門看護師の養成、社会人教育、また新しい看護実践方法の開拓など、看護学の発展に貢献できる看護学教育・看護学研究ができる人材

PAGE TOP

PAGE TOP