香川県立保健医療大学

助産学専攻科

助産学専攻科

入学定員10名

母子保健医療チームの一員として地域に貢献できる助産師をめざす。
母子保健医療チームの一員として地域に貢献できる助産師をめざす。
本学の基本理念である生命の尊厳と深い人間愛を基盤とし、ライフサイクル全般にある女性、乳幼児、家族そして地域社会を対象に、女性の主体性を尊重し、安全で質の高い助産ケアができる助産師を育成します。

専攻科長のことば

専攻科長のことば
専攻科長 野口 純子

助産師が活躍する場は、病院・診療所だけでなく助産所や地域など、母親と子ども(家族)が生活しているあらゆる場に広がっています。

近年の周産期医療の進歩はめざましいですが、妊娠や出産を取り巻く社会的な環境整備は十分でなく、心身に健康問題を抱える母親や子ども達は増えています。また、出産そのもののあり方もこれまでのように病院だけでなく助産所など多様なスタイルへの志向があり、助産師に期待される役割や修得すべき専門的能力は年々拡大してきています。
助産学専攻科では、妊娠・出産・子育て期だけでなく女性の生涯を通して、個人を尊重した助産実践が行える人間性豊かな助産師の育成を目指し、女性や家族および地域社会の健康の保持増進に貢献したいと考えています。県内唯一の助産師養成機関として、実習施設(病院・助産所)の指導助産師と連携を取りながら、基礎的助産実践能力を獲得できるように支援します。共に、助産師としての道を歩み出しませんか。

助産学専攻科の特色

自主的な学習意欲に基づいた
学習システム
課題に基づくグループディスカッション、報告会など、学生の自主的な学習意欲に基づいて学習を進め、助産学を探求しています。
女性の主体性を尊重した安全で質の高い
助産ケアの実践
助産院での事例を、妊娠中から育児期まで継続して受け持ち、マタニティケア能力を育成しています。
自己の資質の向上と
専門的能力の獲得
経験豊かな助産師による高度な助産技術を学び、また、国際的な母子保健活動の実際や民間団体による子育て支援活動から、助産師に求められる課題を探求しています。
社会のニーズや地域社会の課題に
取り組む地域貢献活動
思春期保健や子育て支援活動など、他の専門職と協働しながら地域社会に貢献できる助産師を目指しています。

アドミッションポリシー

  1. 助産学を追究する姿勢を持っている人
  2. 自分の行動に責任を持ち、命の誕生に真摯に向き合える人
  3. 地域の母子保健に貢献することをめざす人

授業風景

助産学専攻科

教員紹介

卒業後の進路

PAGE TOP

PAGE TOP