香川県立保健医療大学

新着情報一覧

2016年10月18日

本学看護学科学生1名と臨床検査学科学生1名がカナダの南アルバータ工科大学へ2週間留学しました。


本学は、カナダのアルバータ州にある南アルバータ工科大学(SAIT)と国際交流協定を締結しています。

平成28年9月10日(土)から26日(月)まで看護学科2年生1名、臨床検査学科2年生1名と教員1名がSAITを訪問し、臨床検査学科と救急医療学科の授業や実習等を体験しました。




オーストラリアとシンガポールの留学生と合同で国際交流プログラムに参加しました。



【実習】
<救急医療実習>



今年7月に本学に留学していた学生の指導を受けながら、救急医療について学びました。SAITの学生と教員が対話しながら実習をおこなっている様子が印象的でした。


<血液実習>



血液標本の作製手技と、白血球分類をおこないました。機器や手技など日本との違いを体験でき、非常に興味深い実習でした。


<超音波実習>



SAITの学生が学生同士で腹部エコーの実習をおこなっている傍らで、モデルを使用した胎児エコーを体験させて頂きました。設備が非常に充実していると感じました。



【施設見学】



シンガポール留学生2名と共に、アルバータ州のヘリコプター救急をおこなうSTARSを見学しました。その他にも、800床を超えるアルバータ州最大規模の病院である Foothills Medical Centre、大規模検査センターである Calgary Lab Services へ施設見学に行きました。



【異文化交流】



Head Smashed in Buffalo Jump へ行き、先住民がバッファローを追い詰めて崖から突き落とした狩猟跡を見学しました。係員の指導のもと、先住民住居の組み立てを体験しました。 




カナダで一番人気のスポーツはアイスホッケーです。アイスホッケーの試合観戦をしましたが、カナダの子供達が熱狂的に応援している姿が印象的でした。私達もアイスホッケーとカーリングを体験させて頂きました。

  • 大学紹介MOVIE
  • 卒業生の今
  • 国際交流
  • 大学パンフレット
  • 資料請求
  • Q&A
  • 教育・研究情報の公表

PAGE TOP

PAGE TOP