香川県立保健医療大学

学長あいさつ

学長 佐藤 功

プロフェッショナルとして保健医療の現場で人の役に立ちたい、地域社会に、そして国際社会に貢献したい。
あなたの大切な夢を保健医療大学で実現してください。

21 世紀を迎え、世界にも類を見ない速さで高齢化が進展している我が国では、今や超高齢化社会をいかに健やかに、安全で安心して暮らせるかが、大きな社会問題となっています。また、科学技術のめざましい進歩とともに医療はますます高度専門化・複雑化し、保健医療従事者には、これまで以上に高度な専門的知識と技術が求められています。

本学では、素晴らしい自然環境と優秀な教育スタッフ、最先端の充実した実習設備を備え、学生が将来社会に出たとき、生涯にわたり保健医療従事者としての社会的使命が果たせるよう、幅広い教養と豊かな人間性、科学的思考力に基づいた課題解決能力などを涵養する教養教育を大切にしています。また、看護、臨床検査の両学科が多くの科目を共に学び、お互いの職種を理解することにより、将来チーム医療の現場で、リーダーシップを発揮しつつ、他職種と連携・協働していくことができる基礎的素養を養成することとしています。さらに、少人数によるゼミナール形式の教育や臨地実習などを充実させることにより、高度な専門的知識・技術に加え、豊かな人間性と幅広い視野から総合的に判断を下すことができる実践的な、そして誰からも愛され、信頼される医療人の育成に努めています。

1学部、2学科の小さな大学だからこそできる学生同士の固い絆、学生と教員の厚い信頼関係など、本学ならではの特色は卒業生の大切な財産となっています。志度湾や遠くに小豆島を望むことができる自然豊かな丘の上に建つ琥珀色の学び舎からは、今日も実習や課外活動に励む学生たちの明るい、元気な声が弾んできます。

プロフェッショナルとして保健医療の現場で人の役に立ちたい,そんな夢を抱いている皆さん、本学でその思いを是非実現してください。

私どもは、未来を切り開く皆さんの勇気ある一歩を心よりお待ちしています。

PAGE TOP

PAGE TOP