香川県立保健医療大学

図書館

図書館
医療関係の専門書を豊富にそろえております。
キャンパス内、厚生棟に位置する、外部の皆様にもご利用いただける施設でございます。教育・研究活動へのサポートを行い、図書館を利用するみなさんがより多くの「知」と出会える機会を創出しています。

図書館長のことば

図書館長 松村 惠子
図書館長 松村 惠子

 梅雨の宝石・紫陽花が、来年の花咲く季節へと準備に移りました。
本学学生、教職員の皆さま、地域の皆さま、本ページをご覧いただいた皆さま、お元気でしょうか?

今日は、三つのメッセージをおくりたいと思います。
まず、1つ目です。本学の学部生は臨床検査技師、看護師、保健師(選択)、専攻科生は助産師、大学院生は高度専門職業人、教育・研究・管理者をめざして学問を深めていきます。このプロセスでは、たくさん頑張れる心と、少しつらい心、揺れ動く心と対峙することがあるかも知れません。どうぞ、その時は、図書館で「心」を休めてみましょう。「どうしたらよいのか迷っている心」、「静かにとまっている心」、「新しいものを求め動いている心」等、ありのままの「心・思い」を認めて自分を好きでいて下さい。ありのままを好きになろうと、「心・思い」を変えると、脳の情報処理のしかたが変わり、脳が動き気力に繋がります。脳はからだの一部ですから、からだのしていることも変わり、心の状態にも変化が現れます。
次に、2つ目です。図書館は、皆さまの学問的な探究に応えられる知的情報の宝庫です。立ち止まって考えることのできる空間です。いのち、生きること、学ぶこと、恋愛や失恋について、嬉しくなったり悩んだり苦しくなったりした時、自分の居場所としての空間を図書館で見つけてください。きっと、ありのままの「あなた」を図書館の知的情報の空間は助けてくれます。私は、学生の頃、迷った時には大抵、「ぼーとして」図書館にいました。図書館は「ぽーとしていて」もよい空間だと思います。
最後に、3つ目です。皆さま図書館をいっぱい好きになって下さいますように。本学の図書館に住んでいる沢山の知的財産を、雨に濡れないように、破れてしまわないように、一つひとつ丁寧に大切に向かい合って下さいますように。図書館の本ページに目を通して戴いた皆さま、ありがとうございます。どうぞ、お元気で学修を深めていかれますように。
                  平成29年7月10日

PAGE TOP

PAGE TOP